本文へスキップします。

本文へ
【全:スマホ】gNav
【全】ログイン

会員専用ページはこちらから

English

H1

社労士の登録申請について

コンテンツ

社労士になるには、社会保険労務士試験に合格した後に、連合会に備える社会保険労務士名簿に登録(実務経験2年以上又は事務指定講習の修了が必要)することが必要です。
また、登録申請書は入会予定の都道府県社労士会を経由して連合会に提出することとなります。
※社会保険労務士法第25条の29において、登録と同時に社労士会への入会が規定されております。

社会保険労務士の登録申請についてのフロー図

※手続の詳細につきましては、入会予定の社労士会へお問い合わせください。
※事務指定講習につきましては、講習のご案内をご覧ください。
※よくある質問についてはこちらをご覧ください。

1.登録に必要な関係書類

1.社会保険労務士登録申請書
2.社会保険労務士試験合格証書の写し
3.従事期間証明書又は事務指定講習修了証の写し
4.住民票の写し1通【※個人番号(マイナンバー)が記載されていないもの】
 ・提出の日前3ヶ月以内に市区町村から交付された「住民票の写し」そのもの(原本)を添付のこと(コピーは不可
5.顔写真1枚(写真票に貼り付けて添付)
 (縦3cm、横2.5cm、背景無地、無帽、正面向の鮮明な写真(白黒でも可)、裏面に氏名記入のこと)
6.戸籍抄本、個人事項証明書又は改製原戸籍のいずれか1通(3ヶ月以内のもの)
 【※合格証書又は従事期間証明書(事務指定講習修了証)と氏名が異なる場合のみ必要】

2.費用

1.登録免許税 30,000円
 (収入印紙又は税務署へ現金で納付した場合の納付証明書は申請書正本に貼付)
2.手数料 30,000円
3.社労士会への入会金、年会費

※入会金・年会費は社労士会ごとに異なりますので、入会予定の社労士会へ直接お問い合わせください。

3.登録申請書の提出先

登録申請書は、開業、法人の社員及び勤務等の別により、次の社労士会へ提出してください。

1.開業又は法人の社員の場合
他人の求めに応じ報酬を得て、社会保険労務士法第2条に規定する事務を行う者(社会保険労務士法人の社員を含む。)の場合は、事務所所在地の社労士会。
2.勤務の場合
事業所(社労士又は社会保険労務士法人の事務所を含む。)で、社会保険労務士法第2条に規定する事務を行う者の場合は、勤務先の事業所所在地の社労士会。
3.その他の場合
上記1、2以外の者の場合は、住所地の社労士会。