本文へスキップします。

本文へ
【全:スマホ】gNav
【全】ログイン

会員専用ページはこちらから

English

H1

無料相談会・社労士会セミナー

コンテンツ

全国社会保険労務士会連合会では、毎年10月を「社労士制度推進月間」と位置づけ、全国の社労士会において各種イベントを開催しております。

雇用・労働・年金に関する無料相談会

社労士が相談員となり、雇用・労働・年金に関する相談に無料で対応します。

社労士会セミナー

中小企業の事業主の皆様や、人事・総務担当の方々の課題となる事案について、社労士の視点からわかりやすく解説します。

セミナーテーマ

「人を大切にする企業」づくり
~これからはじめる「働き方改革」~

※テーマの設定は、都道府県の社労士会ごとに異なる場合がございます。
独自のテーマを設定している場合がございますので、開催日程ページをご確認ください。

 
我が国の社会は急激な少子高齢化による人口減少と労働力不足が深刻な課題とされ、多様な人材と柔軟な働き方を活用してこの課題に対応するため、現在、「働き方改革」が大きな話題となっています。

しかし、経営者の方や人事労務管理者の方にとっては、この課題への対応が人材を確保し企業経営を維持するという大きな経営問題であるという認識はある一方で、その具体的な対応については、はっきりとしたイメージが掴みにくく、

「何をすればよいのか」、「余裕がない」、「コストがかかるのでは」

という悩みの種になっています。

「働きやすさ」、「働きがい」は人それぞれですが、「働き方改革」で最も大事なのは「人を大切にする」職場にする(=適切な労務管理を行う)ことです。

したがって、人事課のような専門の部署を設けている規模の企業の経営革新に出てくるような複雑な制度設計でったり、莫大な金額の設備投資のようなハードルはありません。

労働者の方々が安心していきいきと働くことができる職場環境を確保するための工夫を行うこと、つまり、

「人を大切にする企業」づくりに取り組むことが、働き方改革に適切に対応することに繋がります。


さらに、この取組みは中小企業の方が実行しやすく、企業を成長させる最も確実な方法でもあります。

そこで、本セミナーでは、「人を大切にする企業」づくりに不可欠な労務管理の基礎をいくつかのテーマに分けて解説し、どのような取組みが「人を大切にする」働き方改革に繋がるのかをご紹介いたします。

 

 参考:平成29年度社労士会セミナーテーマ

 

●有期契約労働者の無期転換ルールへの実務対応
●「育児・介護・治療」と仕事の両立支援
受講者の声
「会社でもちょうどタイムリーな問題だったのでよかったです。」

「人事管理の問題は様々で色々変わるので、勉強になりました」

「無期転換ルールについては、内容等を聞いていましたがその対策として具体的に何をすればよいのかが分からなかったので、今回のセミナーは大変参考になりました」

「今、就業規則を作成しているので大変参考になりました。」

「総務に配属されて、労多く功少ない部署だと思っていたいましたが、みんなが働きやすくよう気持ちを入れ替えて役割を果たしたいと思います」

「社労士の方が『働き方』の分野で活躍していることを知り、参考になりました」


 

社労士会セミナー開催日程